柴山 将一

Shoichi Shibayama

代表弁護士

メッセージ

 日本橋は、「伝統」「歴史」といった言葉が似合う街であるとともに、次々と高層ビルが建設されるなど開発が進み、未だに発展し続ける「未来」がある街でもあります。
 当事務所はそのようなアンビバレントな魅力を持つ「日本橋」にて開業致しました。
 弁護士などの法曹の先人たちが築き上げていた「伝統」「歴史」を礎にして、「安心」で「希望」ある未来を守るために、日夜研鑽を続けております。
 また、私自身、今まで様々な分野、会社・組織等で活動を行い、多様なバックグラウンドを持って弁護士活動をしております。
 そのような私の知識、経験(はたまた勘!?)といったものが少しでも皆様のお役に立てれば幸いにございます。

Profile Picture
経歴

1998年3月  慶應義塾大学総合政策学部 卒業

1998年4月~ 水産会社等にて勤務,企業経営に携わる(~2007年3月)

2006年3月  明治大学大学院法務研究科法務専攻 修了

司法試験合格,司法修習修了を経て

2008年12月  高橋綜合法律事務所 入所(~2017年12月)

2018年1月      日本橋柴山法律事務所 開所

役職・所属組織等

・東京簡易裁判所 民事調停官(非常勤裁判官)

・明治大学自動運転社会総合研究所 特任主席所員・部門長(船舶等自動運転)

・第二東京弁護士会 災害対策委員会 委員

・第二東京弁護士会 国際委員会 委員(~2019年3月)

・明治大学法制研究所 法律専門職講師

・経済産業省・国土交通省委託事業「平成29年度高度な自動走行の社会実装に向けた研究開発・実証事業(自動走行の民事上の責任及び社会受容性に関する研究)」模擬裁判ワーキンググループ委員(~2018年3月)

・一般社団法人日本調査業適正協議会 JDAD探偵学校講師

・歴史地震研究会(日本学術会議協力学術研究団体) 会員

・高精度衛星測位サービス利用促進協議会 会員

・東京商工会議所 会員

著作等

『インターネット新時代の法律実務Q&A』(共著・日本加除出版,2012年)

『インターネット新時代の法律実務Q&A(第2版)』(共編著・日本加除出版,2013年)

『業種別ビジネス契約書作成マニュアル』(共編著・日本加除出版,2015年)

『自由と正義』(2015年1月号)「法曹リカレント教育モニター受講者座談会」

『月刊弁護士ドットコム(vol.21)』(弁護士ドットコム株式会社,2017年)「自動運転における自賠責・PL訴訟・交通事故訴訟などへの影響」取材協力

『インターネット新時代の法律実務Q&A(第3版)』(共編著・日本加除出版,2017年)

『AIビジネスの法律実務』(共著・日本加除出版,2017年)

『自動運転と社会変革-法と保険』(共編著・商事法務,2019年)

資格等(法曹資格以外)

世界遺産検定 1級

行政書士資格

知財検定(現知財管理技能検定)

好きな言葉

「捨てる神あれば拾う神あり」

「一隅を照らす」(天台宗の開祖最澄が記した「山家学生式」にある言葉)

「刻苦勉励 才学双全」(明治外交の一時代を担った陸奥宗光が記した「蹇蹇録」にある言葉)

「『変らない味」とお客様から言われる『変わり続ける味』」(荻窪中華そば「春木屋」のこだわりとして紹介されている言葉)